国内向けエンデューロ競技用モデル第4弾「YZ450FX」新発売「YZ250FX」はニューグラフィックを採用

 
      

広大な自然の敷地でのオフロード競技 “クロスカントリーエンデューロ”参加へ向けた競技用モデル「YZ450FX」を期間受注生産にて2015年11月5日より新発売
151007-0001
また「YZ250FX」はグラフィックを変更し、2016年モデルとして期間受注生産にて同日より発売します。予約受付期間は両モデルとも2015年10月7日から12月25日までです。

「YZ450FX」は、モトクロス競技用のYZ450F (2016年モデル)をベースに、“YZのDNAを引き継ぐ次世代エンデューロレーサー”をコンセプトに開発しました。
セルフスターターを装備することで競技中の再始動を容易化するなど、クロスカントリーエンデューロ競技向けに開発しました。

「YZ450FX」の特徴は、(1)メインスイッチレスシステム採用のセルフスターター、(2)国内専用ECU&専用クラッチ及び変速比ワイドレシオ化、(3)YZ450F共通で専用セッティングのフレーム、(4)国内専用セッティング前後サスペンション、(5)前後エンデューロ用タイヤ(リア18インチ)、(6)アルミ製サイドスタンド、樹脂製エンジンガード、(7)ラジエターファン追加などです。同梱の“Power Tuner”を使用すれば、走行状況や好みに応じ、FIセッティング調整を容易に楽しめます。